facebook

佐々木 章 BLOG

アクセスカウンタ

facebook





LIVE Info
2016/11/29(火) THE LIBERATION 新宿/御苑サウンド

zoom RSS スルスルっと

<<   作成日時 : 2016/04/19 16:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

一週間・・・

たっちまったぁ〜〜〜


12日(火)
THE LIBERATION LIVE 新宿/御苑サウンド
にお越しいただきました皆様!
ご来場ありがとうございました。

前半後半合わせて2時間25分。
ハーフタイムを入れると3時間近い時間となった当日。

まずはSet List

1st
Wheel In The Sky
Stone In Love
Keep On Runnin'
~M.C~
Majestic
Never Walk Away
Only The Young
Ask The Lonely
~M.C~
Mother,Father
Edge Of Blade
Escape
Pf ~Faithfully

2nd
Change For The Better
What I Need
Pf ~Open Arms
~M.C~
Where Did I Lose Your Love
When You Love A Women
Wildest Dream
~M.C~
Lovin’Touchin’~
Separate Ways
Anyway You Want It
Don't Stop Belivin'

Enc.
Be Good To Yourself

と、Soloを除いても22曲。

でも今の我々にはこれ以上削れない...
ってくらい重要な曲ばかりなのだ。



リハーサルでのささきあきらはギタリスト兼、アレンジャー兼、舞台監督兼、ミキシングエンジニア兼、マニピュレーター。
ま、何でもです。
全ての楽器の音色やバランスは勿論、立ち位置からモニター、照明の感じまで...。
ギタリストの脳みそは多分15%くらい。
やはりどうしてもトータルを最優先してしまうんだよなぁ〜〜〜
ま、ささきあきらっぽくて良いんだが...(笑)

まずはスタッフ???プロデューサー???
目線のおはなし!

御苑サウンドはオフィスビルの地下なので音をしっかり出せるのは18時以降。
19:30開場するには外音作ってモニター作って精一杯。
ミキサーのチャンネルがギリギリだし...
もともとセッションなどを行う為の会場なので当たり前の話。
そんな中、お店のマスターと相談しながらあ〜だのこ〜だの。
持ち込み機材も御苑サウンドからしてみたら凄い量なんだと思う。

けど我々的には最低限!ってところまで絞っての量なんです。
御苑サウンドさん!ホントご迷惑おかけしました!!!
ありがとうございます。

まず最初にBass Ampをブロックの台から降ろさせてもらった。
これは最初から決めてたんだなぁ。
位置が下手すぎるし、何か音の締まりが好みではなくて...。
これは実に大正解だった!
好き嫌いはあると思うけど、我々にはピッタリはまった!
みやのくんも流石でその状態で音作り。
中と外のバランスを見つつ最高の音に仕上げてた。



そしてドラム。
会場のDrum Setは口径がRockをやるには少し小さめ。
なのでスネアの音量が普通に叩くとかなり大きくなってしまうのだ。
けどRockなのでやはりそれなりのパワーで叩かないとカッチョ良い音色にならない。
特に(個人の主観)ゆうさんの魅力はあのスネアのパワフルな音色。
ってことで...
今回はトップのマイクをXYに立ててスネアのマイクは排除。
ハイハットには立てたけど殆どフェーダーは上げなかった。
ようはDrumマイク3本。
ま、基本っちゃ基本。
けど上手なドラマーでないと表現しきれないマイクアレンジですなぁ。
さすが!ゆうさん!!!

BassとDrumが実にがうまいこと行って、なんともいい感じになった。

DIOKENの声もしっかりモニターに返すことが出来たし
宮野くんの音もLowがちゃんと出せた。

オサムスキーのセッティングも前回とは変えてみた。
GUITARを弾く時に前に出られるようにした。
やはりジョナサンのように前に出て来てほしいじゃんね!
なのでGUITAR弾いてる時用のマイクもセット。
オサムスキーはコーラスマイク2本です!(笑)
GUITAR AMP、前回はJCだったけど今回はFenderにすることにした。
こちらも大正解。音圧がしっかりあって良い音にすることが出来た。
結構難しいフレーズが多いのに難なく弾くオサムスキー。
すげーなー


DIOKEN、今回IEMは使わずフロアモニターとサイドでしっかりモニター。
個別にちゃんと返すことが出来ない状態のIEMならやはりしない方が良さそう。
今回も素晴らしいパワフルヴォイス...
艶やかなヌキ!を奏でてたなぁ〜〜〜
お見事でっす!


さてさてお待ちど〜さま!
Guitar機材!!!
画像


下の4発入りはというと...
はい!会場にあったやつ(笑)
しかも鳴ってないよ!!!
ようは「台」なのです。

上のキャビネットは...
はい!会場の。
これはしっかり使わさせてもらった。
自分の1936も持って行ったのんだが、今後の為に使ってみようかと。
前回の時に中のユニットは確認していたのだよ。
むりくりOPEN BACKになってる(笑)
セレッションG12 8Ωが2発シリーズに繋がってましたので16Ωのキャビネットってこと!
サウンドは現行の1936や1960よりMidが出た。
Top Endが少し物足りなかったけど、それはまぁAmpのEQで。
Lowも少し足りなかったかも。
けどそれはかさ上げのせいかもなぁ。
ちょこちょこAmpをいじってたら良い音になった。

Amp Headは持ち込み。
いつもの410H
こいつは無いとねぇ〜〜〜
メインの歪みはOD2のRed Mode。
ま、一番歪むやつね!!!
そのチャンネルであまりゲインを上げないパターン。
Gain11〜12時くらい。
上の「ガチャっ」って所が出てこれぞMarshall!!!って感じ。

スタック一番上はいつものFractal AXE-FX Ultra
曲ごとのやSoloボリューム、常時かけてるコーラス、数種類のリバーブ、ディレイは
すべてこいつ。
ホント手放せないよぉ
みなさんがよく使ってる「アンプシミュレーター」は使ってない!(笑)
DriveはあくまでもMarshallだ〜
Fractalはエフェクターだいっ!!!


足下は
画像


写真左の方のエフェクター達は全てMarshallに入る前のもの。
SoloではコンプかAc BoosterでBoost。
曲の感じやSolo時の音色によって使い分けてる。
ワウも普通に踏めばON!
ワウだけはバッファされる前に入れたいのでギターからまず最初に入力してる。

写真右の方はコントローラー。
Boss FVは音量ではなくDELAYの量。
曲調や箇所によって量を変えたいからね。
いちいちプログラムするのは面倒だし。
何より...Nealと一緒!(笑)
音量はMFC101のコマンドで変えてる。
いわゆるボリュームペダルのようなモノは使ってないのだぁ。
そのかわり手元のボリュームは相変わらずよ〜く触るよ。
通常のレスポールだとかな〜り大変!なくらいね。


今回はLIGHTSやSTILL THEY RIDEをやらなかったのでストラトはなし。
Higher PlaceもやらなかったのでWheel In The Skyはノーマルチューニングで
演奏した。
(通常は6弦ドロップD)
なのでメインギター1本のみ
こまめこまめなチューニング!!!(笑)






本編では初のPiano Soloってのを入れてみた。
まさしくManila Liveの雰囲気のソロ。
雰囲気???
いや!ほぼ完コピなソロ。
すごいなぁ〜〜〜オサムスキー。
カッチョ良かった。


今回も最後は最高の盛り上がりで終わった!

THE LIBERATIONのお客様はホントみんな素晴らしい。
マナーも良いし盛り上がりも良いし。
程よく酔っぱらうし!!!(笑)


さてさて次回は
2016/05/04
渋谷DUOにてイベントだぁ〜〜〜
詳細はまた後日!!!

あ!夕方だよっ!



いつもありがとっす!!!

これからもみんなの期待を越えて行くぜっ!!!


JOURNEYと共に!

画像









月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スルスルっと 佐々木 章 BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる