facebook

佐々木 章 BLOG

アクセスカウンタ

facebook





LIVE Info
2016/11/29(火) THE LIBERATION 新宿/御苑サウンド

zoom RSS ネガティブ

<<   作成日時 : 2015/12/03 02:33   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

だからこそ
...
準備。


準備こそ自身の納得に繋がる。


これ基本。今の自分の。

行き当たりバッタリなLIVEをやらないようにして早3年半が経つ。


別にそういうLIVEが悪い訳ではない。
けど、どうしても納得出来ない自分が生まれていたのだ。

アドリブやその場のひらめきや感性でステージをこなすのは
苦手ではない。むしろ大得意だ。

その場で譜面を渡されリハーサルもなしに初見!
それの面白さももちろんある。


ただどうしても「初見でここまで良くやるよね!」とか
「初めて弾いたんでしょ!?凄い!」
とか...


自分が思っている理想とは全然違う部分での評価をいただく事が多かった。
自身では「なぜこんなにへなちょこ?...恥をさらしてしまった...」と悔やむ事がもの凄く多かった。


当時は常に活動してる自分のバンドがあったわけでもなく
「唯一無二」的な立ち位置でのLIVEがまったく無かった。

自分のスペシャルな部分が自分でもわからなくなり
得意なモノも、もっと言うと好きなモノもわからなくなっていた。
Nealだけはどんな状況でも大好きだったけど!


ある時、自分はしっかり「準備」をして高いクオリティでのパフォーマンスが一番得意だ!
という事に気付いた。というかそれが得意なんだ!と思うようにしたのかもしれない。



そんな風に思うのは...
やはりネガティブだからなのか???
多分そこから発生していると思われる。


幼少の頃、かなりの野球少年だった。
毎日不安で凄い数の素振りやキャッチボール、暗くなるまで壁あてして。
それだけやっても自信が無い。
バッターボックスに向かいながら「あれだけやったのだから大丈夫!」
とよく自分に言い聞かせてた事をリアルに覚えている。

そして結果が出せないと「何故?」ととことん考える。

そんな事を繰り返していた。
自分なりの「いい結果を出すメカニズム」
それを考えるのが子供の頃からの習慣なのだ。




音楽の結果というのは観る角度や聴く角度で真逆の結果(評価)にもなる。
数字的な結果などどこにも存在しないのだ。

野球で言うなら「打てない」ってことを楽しむ人
「負けたときの涙」「エラー」などなど
を楽しむ人がいるようなモノだ。
当然楽しいかどうかは観てる人が感じるのだからそれでいい!




LIVEを楽しむ人には大きく2つに別れる。
「完成されたステージ」を楽しむ人
「未完成ならではの突発的に起きるスリルやフィーリング」を楽しむ人


今の自分は上記の方に楽しんでいただくステージを演りたいのだ。

なので冒頭の「準備」ってのがカギになる。
音色からフレーズ、譜面を暗譜する...などなど

仕事が片付くとその作業の毎日。


弾けないフレーズは逃げないで必ず弾けるようにする。
弾けるだけではなく、体に入れてステージ上では無心でPLAY出来るようにする。
それが例えゲストとしての出演で二度と弾かないかもしれないPLAYでも。


準備こそが自身の納得に繋がる
まだしばらくはこの基本に法ってやっていこうと思う。


ただ、行き当たりバッタリなセッションもたまにはいい!(笑)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
昔は、完成されたステージ、LIVEを求めてました。
なので音響、照明は勿論、構成やセット、曲順にもうるさかったです(笑)

今、現在はそこにこだわらないかも。

楽しいかどうか?
それは、ご無沙汰、THE LIBERATIONのLIVEを観てきて、思ったことです。

テクニック×本気度合い。
そして、ご本人が楽しんでるということ。

佐々木さんの求めているところは、
私達一般人からすると高すぎるのかもしれません。
でも、本来全てのアーティスト、ミュージシャンに持っていて欲しいものです。
そこからの、崩し、遊びだと思います(*^^*)
ひろえ
2015/12/03 18:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネガティブ 佐々木 章 BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる